美肌女性のデザートは、ケーキよりもフルーツヨーグルト!

美しくキメの細かい滑らかな肌は、いくつになっても女性の永遠の憧れ。そんな美肌を手に入れるため、日夜お手入れに励んでいる人はさぞや多いことでしょう。しかし、いくら表面から手をかけたところで、体の中から健康でなければ美肌は手に入りません。食べたもの、精神状態、血液の質や内臓の不具合によって、その日の肌はさまざまに様子を変えていきます。もっとも回避すべきは便秘。お通じが無い日が続くと、吹き出物がでたり、シミやくすみが濃くなったり、肌荒れを起こしやすくなることは、誰でも経験があるでしょう。

腸内の善玉菌である乳酸菌が減少して、悪玉菌であるウェルシュ菌が増加すると、腸内バランスが乱れてお通じも悪くなります。肉類、脂肪類のとりすぎや、食物繊維をふくんだ野菜や果物の不足といった食生活の偏り、ストレス、運動不足、加齢などがその原因として考えられます。つまりは、運動をしたり食事のバランスに気を使って腸内細菌のバランスを整えてお通じを改善させることが、美肌に欠かせない大切なステップだというわけです。一見遠回りに見えますが、まずは今日の食事を帰ることから、美肌ケアを始めてみましょう。

単純に栄養バランスのとれた食事を心がけるほか、ビフィズス菌など、乳酸菌をよく摂取することも大切です。ヨーグルトは、牛乳に乳酸菌をくわえて発酵させた腸内健康食品。牛乳と同程度の栄養価もあるので、カルシウムの補給にもなります。一日一カップ以上を取るのが目安ですが、とりすぎはおなかが下る原因にもなります。ヨーグルトが合わない体質の人も日本人には多いといわれていますから、必ず自分の体調を良く確認しながら食べるようにしてください。

そのまま食べてもおいしいヨーグルトですが、美容効果をねらうなら、そこに果物をいれてフルーツヨーグルトにするのがおすすめです。善玉菌を増やす働きのある食物繊維やオリゴ糖がたっぷりふくまれた果物には、特有の甘味があって、酸味の多いヨーグルトと好相性です。バナナやイチゴ、パイナップルもあいます。同じくオリゴ糖の多いハチミツを加えるのもいいでしょう。乳酸菌は胃酸に弱いといわれているので、食事で胃酸が薄められた食後にとるとさらに効果が高まるでしょう。

カラコン ロデオ

名古屋 整体

ブレゲ 買取

スタンプ

封筒